電卓

現地会社設立後の維持費

税制面で有利な香港に会社を設立してビジネスを始める日本人も少なくありませんが、会社の維持費も必要です。本業に専念するためには、香港で義務付けられている財務諸表の監査や税務申告等の会計代行サービス利用が欠かせません。香港の会計代行サービスの費用相場は、複数の業者から見積もりを取れば知ることができます。

詳しく見る

計算

会計処理するためのソフト

会計や税務に詳しくない人でも、会計ソフトを使えば手軽に会社の会計を処理をすることができます。多くの会計ソフトは体験版なども用意されていますので、会社運営をしっかりとするために、一度会計ソフトの内容を確かめてみましょう。

詳しく見る

CHAT

社員管理のツール

電話やメールの他にチャットツールを導入して社員同士のコミュニケーション、事業やタスクの管理を行う会社が増えてきています。各ツールを比較すると事業の進捗やデータファイルの共有、社員の出勤退勤の管理など必要な機能が充実しています。

詳しく見る

女性

企業の業務の効率化

ワークフローシステムは企業の業務効率化に大きく貢献するものです。そのため、自社のニーズに見合うシステムを導入することがポイントです。このワークフローシステムは人的作業を削減しますが、ネットワークを介したものは自社の情報伝達を円滑なものとします。

詳しく見る

女性

海外進出と財務面の支援

国内企業が海外へ進出し香港でビジネスを運営していく上では、財務や会計業務をはじめ現地ビジネスのノウハウに精通していることが求められます。この種のサポートを利用することで、海外進出を成功させることが出来るようになるのです。

詳しく見る

申請と承認

オフィス

システム化による魅力

社内では社員からの申請に対して上長が承認、さらに経理部が承認するなど決裁が日々行われている。社内での決裁までのルートについては、予めワークフローとして定義しておき、それに沿って決裁が行われていく。これらには、経費精算など日常頻繁に発生し、その額も少額であるものもある。特に経費精算では、処理する数が多くなり、効率の良いワークフローを構築しておかないと、承認を通すことの方がコストがかかってしまうということもある。これらの承認ルートの構築においては、多くの企業でワークフローシステムが導入され活用されている。ワークフローシステムでは、システムから経費精算や決裁事項を入力し、自動的に上長や経理部など承認者宛に情報が流れていく仕組みになっている。ワークフローシステムでは、システム上で申請や承認ができるため、手間が大幅に省ける。また、ワークフローシステムでは基本的には紙を使用しないものが通常になるため、ペーパーレス化を進める上においても最適である。ワークフローシステムでは、無料で利用できるものなどもあり利便性が高くなっている。最近では特にWEBシステムでサービス提供されているものが多く、インターネットへの接続環境さえ構築すれば、直ぐに利用できるサービスが中心である。システムを導入する際には、できるだけワークフローを簡略化させ、シンプルにすることが必要になる。そうすることで、一般的に販売されているシステムを利用可能になる。