社員管理のツール

CHAT

機能と特性について知る

メールや電話の他に、社員同士のコミュニケーションの方法としてチャットツールを取り入れる会社が増えてきています。ビジネス用に提供されているチャットツールはメッセージのやり取りだけでなく、データやファイルの送受信も簡単に出来、情報管理体制の構築などセキュリティの面でも対策がされており一般的なチャットツールと比較しても情報漏えいなどの心配もなく利用可能です。ビジネス用のチャットツールには各ツールごとに様々な機能や特徴があります。どのような違いがあるのか比較していきます。まずはメールや電話、ミーティングの代わりとなりクラウド会議室としてプロジェクトをスムーズに進める事が出来るものがあります。わざわざ相手先まで足を運ばなくてよい、また在宅ワーカーなどオフィス以外で仕事をしている人とも気軽にかつタイムリーにコンタクトをとる事ができます。次に、案件管理やタスク管理機能に優れているツールです。案件ごとの進捗具合や問題が発生していないか、いつまでに解決が必要かなどを担当者ごとに進み具合を管理できます。データファイルの共有ができることで最新情報を全員が把握できることになります。また機能を特化させたものもあります。例えば出勤退勤を管理するものです。社員だけでなくアルバイトスタッフや在宅ワーカーなどの出勤、休憩、退勤、残業などを自動で計算してくれるものもあります。これならば過重労働やサービス残業の心配もなくなります。チャットツールを比較してみると機能はツールによって様々ですが、そのほとんどが一部無料で利用できたり、スマホやタブレットからも利用が可能でした。事業内容や機能に合わせて各ツールを比較し、最適なツールを使用することで社内のコミュニケーションは格段にスムーズになりそうです。